賃貸物件を見学するときのチェックポイント

賃貸物件見学時に持っていくもの

インターネットで賃貸情報を検索すると、
物件の住所や外観、内部の写真などの詳細を見ることができます。
写真を見て気に入って物件を契約される方も時々いらっしゃいますが、
物件は必ず見学をした上で、契約することをおすすめします。

 

その理由は写真と実物とでは違って見える点があるからです。
一度契約してしまったらその後キャンセルするとキャンセル料が発生してしまいますし、
再度物件を探す手間もでてきてしまいます。
そういったトラブルを未然に防ぐためにも、賃貸物件の下見は必ずやっておきましょう。

 

賃貸物件を見学に行くときに、
持っていった方が良い物がありますので見学に行くときはそれらを準備しておくようにします。

 

筆記用具を持っていきましょう。それは物件を見学したときに気になったこと、
不動産会社の営業マンに質問したことなどを書きとめておくためです。

 

メジャーも持っていくようにしましょう。
今住んでいる住宅から荷物を移動させるわけですから、
見学のときにある程度どこに何を置くのかを頭の中でシュミレーションしておきます。

 

特に大型の家電や家具に関しては、置ける場所が限られていますので、
それらのサイズを事前に自宅で計ってから、
見学先の賃貸物件で家電や家具を置く場所のサイズを計測しておくのです。
こうすることで契約してからの引越し作業がスムーズにすすむようになります。

 

カメラやビデオも持っていきましょう。
スマホやデジカメでも何でもいいのですが、内部の様子をカメラに収めておくと、
後で物件の内部を思い出す、他の物件と比較するときに役立ちます。

 

八王子で賃貸を探すときも、上記のことがらに気をつけましょう。

日当たりと風通しをチェックする

実際に賃貸物件を見学するときは、どのような点を重点的にチェックしたらよいのでしょうか。
まず見て頂きたいのが日当たりです。
日中の時間帯に家で過ごす時間が長い方は、
日当たりのよさは賃貸住宅を決めるときの重要なポイントの一つになります。

 

日当たり次第で家の中の明るさが変わってきますし、
日当たりの良い部屋にはベランダが隣接しておりそこで洗濯物を干すからです。

 

日当たりに関しては、インターネットなどに掲載されている物件の写真だけでは把握することができません。
詳細情報に物件の向きが書かれていますが、それだけで日当たりのよさを判断するのは危険です。

 

それは周りに日当たりを遮るような建物や樹木などが存在している可能性があるからです。
よく南向きの部屋は日当たりが良いため、それを賃貸物件の希望条件として挙げる方がいらっしゃいますが、
本当に日当たりがよいのかどうかを自分で確かめてから契約をするようにしましょう。

 

日当たりのよさを確認するためには、
晴れた日、そして日中の時間帯を狙って見学に行くようにします。
もしもお天気が悪く、日当たりのよさがチェックできなそうな日は見学する日を別の日に変えてもらうことも検討しましょう。

 

合わせて窓を開けて通気性の良さも確認しておきましょう。
夏は冷房費節約のため、窓を開けて過ごすことが増えますが、
風通しが悪い家は家の中に熱気や湿気がこもりやすくなってしまいます。
そこで見学時に家の窓を開けて、風が通るのかどうかをしっかりと確かめておきましょう。
 

更新履歴